健康 管理栄養士監修

体にいいクッキーってどんなお菓子?その特徴や管理栄養士おすすめのクッキーを3つ紹介

間食としても気軽につまめて、おいしいクッキー。

ちょっとだけのつもりがついついたくさん食べてしまった、なんてことがある方も多いのではないでしょうか?

そんなクッキーですが、実は質の低い小麦粉を原料にしているものや、たくさんの食品添加物を使用しているものもたくさんあり、決して健康に良いものとは言えないのです。

「おいしいクッキーが食べたいけど、健康面は気になる」
「ダイエット中でも食べられるクッキーがほしい」

そんな方に、この記事では管理栄養士監修のもと、体に良いおすすめのクッキーについて紹介していきます。

【監修者】M.N

福井県出身の管理栄養士。
論文や企業から学んだ正しい知識を、誠心誠意をもって情報発信。
過去に書いた記事は300本以上。大手メディアにも掲載多数。
【経歴・実績】
2016年  健康栄養学科の大学を卒業・管理栄養士を取得
2016~年 大手食品会社勤務 主に商品開発に携わる
2021~年 健康に関する情報発信・Webライターとして活動

この記事を読むメリット

  • 体にいいクッキーが分かる
  • なぜクッキーが体に悪いのかが分かる
  • 絶対に買うべきクッキーが分かる
M.N
健康を考えている方はぜひ最後までご覧ください♪

クッキーが体に悪いは嘘?本当どっち?

結論から言うと、基本的にクッキーは体に良いとは言えません。

しかし、体に悪いものばかりではなく、健康のことを考えた加工方法や原材料を意識したクッキーもあります。

そういったクッキーは体に良く、ダイエット中にもおすすめなのです。

ですが、クッキーの何が悪いのか分からないと、体に良いものも選べないですよね・・・。

そこでまずは、クッキーが体に悪いといわれる理由について解説していきます。

クッキーが体に悪い理由

クッキーが体に悪い理由としては以下の3つがあります。

注意ポイント

  • 多くの食品添加物を使っている
  • トランス脂肪酸が含まれている
  • 高カロリーである

この3つの理由から、クッキーは体に悪い食べ物とされています。

ここからは、1つずつその理由について解説していきますね。

クッキーが体に悪い理由①:多くの食品添加物を使っている

市販のクッキーは、原料に下記の食品添加物が多く含まれています。

  • 着色料
  • 人工甘味料
  • 合成香料
  • 膨張剤
  • 強化剤
  • 乳化剤

これらの食品添加物がクッキーには多く含まれており、健康に悪いとされている理由になっています。

たまに少量食べるくらいでは、そこまで健康に影響は出ないかもしれません。

ですが、原料の中にはたくさん摂取すると健康に悪いものも含まれている可能性があるので、できれば避けたいですね。

クッキーが体に悪い理由②:トランス脂肪酸が含まれている

クッキーに含まれるバターやマーガリンなどの油分には、健康リスクが懸念されているトランス脂肪酸が含まれています。

トランス脂肪酸をとりすぎてしまうと、冠状動脈性心疾患になるリスクがあるのです。

それは農林水産省のwebサイトでも記されており、クッキーが体に悪いといわれる理由の1つでもあります。

クッキーが体に悪い理由③:高カロリーである

砂糖やバターが含まれるクッキーは高カロリーで、炭水化物と脂質が多く含まれています。

美味しいし気軽に食べれるからといって、ついつい食べ過ぎてしまうとカロリーや糖質の取りすぎて太ってしまう可能性があります。

特にダイエット中の方には天敵。

どうしても食べたい場合は、量の調整やヘルシーな原材料に置き換わったクッキーを選ぶようにしましょう。

M.N
ここまで、クッキーが体に悪いとされる理由についてお話してきました。では逆に、比較的体に良いクッキーはどのようなものがあるのでしょうか?次からはそれを解説していきます!

体にいいクッキーの特徴

体にいいクッキーの特徴

  • 小麦粉の代わりにおからパウダーやオートミールを使用
  • 砂糖ははちみつやカロリーカットのもの
  • 食品添加物があまり含まれていないもの

体にいいクッキーを選ぶなら、上記のようなものを選ぶのがおすすめです!

体にいいクッキーの特徴①:小麦粉の代わりにおからパウダーやオートミールを使用

クッキーは基本、小麦粉を原料として作ります。

ですが、小麦粉は「血糖値が上がる」「便秘や下痢になる」「肌荒れする」といった、体に対する影響が懸念されます。

そのため体にいいクッキーを選ぶときは、小麦粉の代わりにおからパウダーや米粉、オートミールなどに置き換えたものにするのがおすすめ。

カロリーも抑えられるので、ダイエット中の方でもクッキーを食べられます。

体にいいクッキーの特徴②:砂糖ははちみつやカロリーカットのもの

小麦粉だけでなく、クッキーに使用される砂糖も、はちみつやカロリーカットのものに置き換えるのがおすすめ。

特にはちみつは、砂糖に比べて低カロリーで早く体に吸収されるので、素早く体のエネルギーになります。

砂糖を置き換えるだけで、簡単に糖質やカロリーを抑えることができ、体にいいヘルシーなクッキーを食べることができますよ。

体にいいクッキーの特徴③:食品添加物があまり含まれていないもの

一般的に市販のクッキーにはたくさんの食品添加物が含まれています。

ですが、香料や膨張剤などを使用しないシンプルな原材料で仕上げているクッキーもあるのです。

完全に0のものを見つけるのは難しいですが、食品添加物が控えめのクッキーであれば、意外と売っているのでぜひ探してみてください。

管理栄養士厳選!体にいい・優しいクッキー3選

ここまでクッキーが体に悪い理由と、体にいいクッキーの特徴についてお話してきました。

ですが、

「体によさそうなクッキーあるけど、おいしいだろうか」
「どれを選んだらいいのか分からない」

という方も多いかと思います。

そこでここでは管理栄養士たちの中でも好評な、体にいいクッキーを3つご紹介します。

数多くある中から特におすすめなものをピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

さっくりなめらか贅沢こしあんサンドクッキー

画像引用元:米粉スイーツ come×come(コメトコメ)

米粉を原料としたこちらのクッキー。

松原製餡所のこしあん×国産米粉×こめ油の組み合わせで作られており、罪悪感の少ない体にいいクッキーの1つです。

なめらかなで甘さ控えめのこしあんがおいしく、ついつい食べ過ぎてしまいそうになるという声も・・・!!!

\ 公式ページはコチラ /

ほろほろ手作りクッキー

画像引用元:米粉スイーツ come×come(コメトコメ)

こちらも米粉を使った体にいいおすすめのクッキー。

こめ油とのコンピでさっくりほろほろな軽い食感を楽しむことができます。

添加物も極力使用せずにシンプルな原材料を選んでおり、ほんのりとした甘みを感じることができます。

\ 公式ページはコチラ /

ベースクッキー


画像引用元:BASE FOOD

最近コンビニでも見かけるようになって、周りの人も食べているベースクッキー。

26種のビタミン&ミネラル、約7gのタンパク質、食物繊維などが含まれており、体に必要な栄養素が取れるのでおすすめです。

味はココア・アールグレイ・抹茶・ココナッツ・さつまいもの5種類。

美味しく食べていただくために、定期的に改良がされているらしく、どんどんおいしくなっていっているという声も聞きます。

また市販のクッキーを比べても糖質約20%OFFと、ダイエット中の方でも楽しめるおすすめのクッキーです。

\ 公式ページはコチラ /


今回は体にいいクッキーについてご紹介しました。基本的には体に悪いとされるクッキーも、選び方次第では、比較的健康に食べることもできます。

豊かな生活を送るには健康はとても大切なことなので、クッキーを選ぶときは今回紹介したことを思い出してみてください。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。最後までご覧いただきありがとうございました。

KURAKURAでは、管理栄養士など様々な専門家の監修のもと、暮らしに役立つ情報を発信しています。ぜひまたご覧ください。

-健康, 管理栄養士監修

© 2023 KURAKURA Powered by AFFINGER5